協会規約

愛媛県グラウンド・ゴルフ協会規程集

                 第1章 総則
(名 称)
第1条 この協会は、愛媛県グラウンド・ゴルフ協会(以下「協会」という)と称する。この協会は、公益社団法人日本グラウンド・ゴルフ
   協会(以下「日本協会」という)に加盟し、愛媛県グラウンド・ゴルフの組織を統括する団体である。
(事務所)
第2条 この協会の事務所は、会長指定の場所に置く。

                 第2章 目的及び事業
(目 的)
第3条 この協会は、グラウンド・ゴルフの普及と振興を図り、もって県民の健全な心身の育成と生涯スポーツの振興に寄与することを目的
   とする。
(事 業)
第4条 この協会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
  (1)交歓・交流会、講習会及び研修会の開催と協力

  (2)指導者の育成と資質の向上
  (3)各種交歓・交流会への派遣と援助
  (4)その他、この協会の目的を達成するために必要な事業

                 第3章 組織及び登録
(組 織)
第5条 この協会は、次に掲げる団体で、常任理事会の承認を受けた団体で組織する。また、必要に応じて常任理事会の承認を受け支部を設
   けることができる。
  (1)愛媛県内において組織されたグラウンド・ゴルフ団体
  (2)東予支部、中予支部及び南予支部
(登録・会員資格)
第6条 愛媛県内のグラウンド・ゴルフ組織は、この協会に入会登録することができる。この『団体』は、1人以上で構成する。
  2 この協会に入会登録した団体又は個人は、同時に日本協会に登録加 入するものとする。
  3 この協会に入会登録した団体又は個人は、この協会の主催する事業に参加することができる。
(会費の負担・登録手続)
第7条 会費及び入会登録手続きについては、別途入会手続規程に定める。
(退会)
第8条 会員はいつでも、自由に退会することができる。
   但し、退会者は当協会に対し名目の如何を問わず、何等請求できない。
(登録取消・除名)
第9条 会員が、下記事項に該当した場合は、評議員会(総会)の決議を経て、会長は入会登録を取り消すことができる。但し、会長は当該
   会員の弁明の機会を与えなければならない。
   ① 当協会の規約、諸規程に違反したとき
   ② 当協会の名誉を傷つけ、または目的に反する行為をしたとき
   ③ その他、除名すべき相当な事由があるとき
(会員資格の喪失)
第10条 会員は、次の場合会員としての資格を喪失する。
   ① 1年以上会費を滞納したとき
   ② 評議員会(総会)の決定
   ③ 当該会員の解散(団体)若しくは死亡

                 第4章 役員
(役 員)
第11条 この協会に、次の役員を置く。また、必要に応じて顧問及び名誉会長を置くことができる。
    会  長     1名
    副 会 長      3名
    理 事 長      1名
    事務局長     1名
    常任理事    若干名
    理  事    若干名
    監  事     3名
    会  計     1名
    名誉会長     1名
    顧  問    若干名

(役員の選出)
第12条 会長、副会長及び事務局長は、理事会の推薦により評議員会(総会)で選出する。理事長は、理事会で選出する。
  2 常任理事及び理事は、別途定める役員選出規程により選出する。
  3 顧問及び名誉会長は、理事会の承認を得て会長が委嘱する。
  4 監事は、東予、中予及び南予の各地域の評議員の中から各1名づつ 評議員会(総会)で選出する。但し、監事は、他の役員及び特
   別委員会の委員を兼ねることができない。
  5 会計は、事務局長が任命する。
(役員の職務)
第13条 会長は、この協会を代表し、会務を統括する。
    会長は、評議員会(総会)を招集するいとまがないと認める緊急な事項については、三役会の了承を得て、必要な処分することがで
   きる。
    この処分事項については、直近の評議員会(総会)に報告し、承認を得るものとする。
  2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。
  3 理事長は、理事会を招集し、その議長を務める。議長は、出席者の互選とすることができる。
     理事長は、理事会を開催するいとまがないと認める緊急な事項については、常任理事会の了承を得て、必要な処分することができる。
    この処分事項については、直近の理事会に報告し、承認を得るものとする。
  4 事務局長は、事務を統括する。
  5 常任理事及び理事は、理事会を構成し、審議決定する。
  6 顧問及び名誉会長は、必要に応じ会議に出席して、意見を述べるこ とができる。
  7 監事は、会計を監査する。
  8 会計は、経理全般を処理する。
(役員の任期)
第14条 役員の任期は、2年とする。但し、再任は妨げない。

                 第5章   総     会
(総会の権限)
第15条 評議員会(総会)は、当協会の最高の意思決定機関であり、評議員で構成し、下記事項を決定する。
  (1)収入、支出、予算及び決算
  (2)事業計画及び事業報告
  (3)規約の改正
  (4)役員の選任
  (5)特別委員会からの提案事項
  (6)会員の除名・資格喪失
  (7)その他、会長が付議した事項
(種類及び構成)
第16条 評議員会(総会)は、定時及び臨時の2種とし、定時総会は事業年度終了後3ヶ月以内に開催し、臨時総会は次条による。
  2 評議員は、評議員会(総会)を構成し、決定に参画する。
  3 評議員は、加盟団体(チーム又はクラブ)の代表者とする。
  4 5名以上の加盟団体(チーム又はクラブ)は、評議員1名を選出する。
(招集)
第17条 評議員会(総会)は、会長が招集し、議長は出席者の互選とする。
  2 会長は、評議員の3分の1以上から会議開催を請求たれたときは、2週間以内に会を招集しなければならない。
(会議の成立)
第18条 会議の成立には、委任状を含め評議員の2分の1以上の出席を必要とする。
(議決)
第19条 評議員の議決権は各1個とし、会議の議決は、出席者の過半数をもって決し、可否同数の時は、議長の決するところによる。
(議事録)
第20条 評議員会(総会)の議事については、下記事項を記載した議事録を作成しなければならない。
   ① 会議の日時場所
   ② 現在会員数及び参加者(委任状も含む)
   ③ 議決事項
   ④ 議事の経過及び要領
  2 議事録には議長及び2名以上の議事録署名人が署名・押印しなければならない。
  3 議事録署名人は、議長が指名する。

                 第6章   各種会議
(会議の設置)
第21条 この協会の会議は、評議員会(総会)の他、次の会議を開催する。
   但し、必要に応じて、理事会の決議を経て特別委員会を設置することができる。特別委員会に関する事項は、別途規程により定める。
  (1)三役会
  (2)常任理事会
  (3)理事会
  (4)特別委員会
(各会の招集及び構成)
第22条 三役会は、会長が招集し、その議長を務める。構成は、会長、副会長及び理事長とする。
  2 常任理事会及び理事会は、理事長が招集し、その議長を務める。常任理事会の構成は、理事長、常任理事及び特別委員会委員長とす
   る。理事会の構成は、会長、副会長、理事長、事務局長、常任理事及び理事とする。
  3 特別委員会は、委員長が招集し、その議長を務める。
    特別委員会の構成は、会長より委嘱された委員とする。
  4 会長、理事長及び特別委員会委員長は、会議の構成委員の3分の1以上から会議開催を請求されたときは、2週間以内に会を招集し
   なければならない。
(会議の成立)
第23条 第21条に規定する会議の成立は、委任状を含め3分の2以上の出席を必要とする。但し、特別委員会は、各委員会規程による。
(会議の議決)
第24条 第21条に規定する会議の議決は、出席者の過半数をもって決し、可否同数の時は、議長の決するところによる。
(議 事)
第25条 各種会議の議事は、次に掲げる事項とする。
  (1) 三役会
     三役の所管事項
     常任理事会に提案すべき事項
     特別委員会に付託する事項
  (2) 常任理事会
     常任理事会の所管事項
     理事会に提案すべき事項
     特別委員会に付託する事項
  (3) 理事会
     理事の所管事項
     評議員会(総会)に提案すべき事項
     特別委員会に付託する事項
  (4) 特別委員会
     各特別委員会の所管事項
     理事会に提案すべき事項
(会議録)
第26条 第21条に規定する会議の議事については、下記事項を記載した会議録を作成しなければならない。
   ① 会議の日時場所
   ② 定員数及び参加者(委任状も含む)
   ③ 議決事項
   ④ 議事の経過及び要領
  2 会議録には議長及び1名以上の議事録署名人が押印しなければならない。
  3 議事録署名人は、議長が指名する。

                 第7章 資産及び会計
(資 産)
第27条 この協会の資産は、次の通りとする。
  (1)入会登録料
  (2)事業に伴う収入
  (3)寄付金
  (4)その他の収入
  (5)その他、備品に関しては台帳に記載して管理する。
(会 計)
第28条 この協会の事業遂行に必要な経費は、前条の資産をもって運用する。また、会計の運用については、会計処理規程により定める。
(会計年度)
第29条 この協会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

                 第8章 事務局
(事務局)
第30条 この協会の事務処理を行うため、事務局を設置する。
  2 事務局に関する必要事項は、会長がこれを定める。

                 第9章 補則
(規約の改正)
第31条 この規約は、理事会の決議を経て評議員会(総会)で改廃することができる。
(細 則)
第32条 この規約に付随する規程は、特別の定めがない限り、理事会の決議を経て制定及び改廃することができる。
(表 彰)
第33条 この協会の表彰は、別に定める表彰規程により行う。

附則
  1 この規約は、平成 5年4月 1日から施行する。
  2 この規約は、平成19年4月 1日、一部改正する。
  3 この規約は、平成20年4月 1日、一部改正する。
  4 この規約は、平成23年4月23日、一部改正する。
  5 この規約は、平成  年 月  日、一部改正する。